羽子板のQ&A

羽子板の種類
プレス-比較的廉価なもので、ボール紙に金襴裂地を貼り付け凹凸ををプレスによって出し、衣裳を表現します。
木目込-桐塑によって衣裳の部分をこしらえ、裂地を貼り、裂地のはしを切り込んだ筋に「木目込んで」表現します。
押絵-衣裳の部分部分を細かく分けた厚紙に裂地を貼り、中に綿を入れてふくらみをもたせています。江戸時代からある伝統的な技法で、技術を要するものです。
焼絵-木地に絵を描いた紙を貼り付けたり、焼きゴテで絵を焼き付けた貼り絵 実用向きの実際に羽根突きのできる廉価な羽子板。
左義長-木地表面を漆で仕上げ、金箔や金泥、蒔絵で装飾した羽子板。公家や大名家に残っています。
蓬莱-桐板を島台に見立て、松竹梅や鶴亀などの造花で飾った羽子板。主に京都で作られる。
水引-結納などに用いられた水引飾りを用いて作られた羽子板。豪華な羽子板 水引が羽子板になってよみがえります。

Q&A一覧